スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







インドの経済成長さらに加速する?




英バークレイズ銀行は07年度のインドの経済成長率見通しに
関するリポートを発表しました。



それによりますと、インド政府は12年度までに、成長率を10%
まで引き上げると目論んでおります。



また、高位安定成長が数年間に渡って継続されることで、近い
将来、日中独を抜き、米国に次ぐ世界第2位の経済大国になる
との分析も聞こえ始めているようです。



数年前なら笑い話だったかもしれませんが、最近のインド企業
の巧みなM&A戦略をみると、荒唐無稽な話でもないと思います。


中国よりも早く、国際優良企業が誕生する気配があります。


今後数年間で、インフラが整備されれば、中国から世界の工場
の看板を奪うことができるかもしれません。



今現在、中国はインドにとって第2位の貿易相手国なのですが、
シン首相が中国を訪れた際に10年までに貿易額を日本円にして
およそ6兆3600億円に引き上げることで合意しております。



政治面でも両国は非常に良好な関係をすでに築いており、今後
も経済成長で先行することが予想されている中国がこれまで培
ってきたビジネスノウハウがインドに輸入されそうです。



近い将来、インドと中国ががっちりタッグを組んで、世界経済
を牽引する役割を担うことになりそうです。



応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



BRICsファンド投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。