スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







インド、各国との貿易協定進む


【bricsが分るファンド投資入門】



これまで、インドの農業市場開放をめぐってお互いの主張を
ぶつけ合っていた米国とも、来月にも投資貿易協定の締結を
目指し、閣僚級の協議が開始されます。



一向に進む気配がみえない世界貿易機関(WTO)を中心とし
た多国間の話し合いに見切りを付けた格好となっております。



2国間協定をさらに推進することによって、貿易目標額を相手
国と協議しながら全体で2割以上引き上げるもようです



インドはWTO加盟国の中でも上位の貿易国になり、今後10ヶ
国以上との間で2国間協定締結する構えにあるようです。



具体的な対象として、交渉中の東南アジア諸国連合(ASAEAN)、
欧州連合(EU)以外にも米国とカナダもあがっております。



これまで、インドが協定相手国との間で合意した2国間の投資、
貿易目標額は約4500億ドルに達しております。



しかし、今後予定されている米国との協定締結では、目標額を
1000億ドル引き上げ、5500億ドルとなるもようです。



そして、米国との協議の場では、米国内でインド資本の銀行や、
保険事業の規制緩和をはじめ、ハイテク関連分野での協定を
求めるとと予想されております。



インドはこれまでのところ日本、韓国、EUとの協議は難航して
おり、また、米国とは今のところ、インド国内の農産物市場開
放問題が貿易自由化の最大の障害になるとされております。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



BRICsファンド投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。