スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ファンドの口座移管する仕組について


数に限りがある個人投資家を呼び込むために、証券会社や銀行などの販売会社が積極的に、新たな
販売窓口となる移管先になることは大きなメリットがございます。


こうしたことから販売会社は投資家に移管先として選んでもらうためにファンドの品揃えを充実させる
ことになるわけですが、右にならえとばかりに各販売会社のファンド品揃えが充実することによって、
品揃えの優劣で販売会社はサービスを競えなくなります。


これまでは、申込み手数料や信託報酬を気にする個人投資家が少なかったことから、ファンドを購入
してもらえば、その後は顧客が離れることは少なかったわけです。


しかし、金融商品取引法が施行されたことによって、これまで以上に販売会社は投資家に対してより
明確にファンドのリスクを明示する必要に迫られることとなりました。


口座移管サービスが広がることによって、品揃えでは優劣が競えなくなることから、今後は申込みに
かかる手数料や、信託報酬分などのコストが値下げされることが期待できるかもしれません。


また、複数のファンドを保有している方は、一つにまとめることで、わずらわしさから開放されることに
なりますので、今後は口座移管を検討される方が増えるかもしれません。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICs ファンド

コメントの投稿

Secre

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。