スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







潜在的成長力はブラジルが一番の理由


数年前までは米国のバブル経済によって中国だけが驚異的に経済発展をとげました。それ以外
のBRICs諸国は中国を追いかけるように、その後は同じように経済発展をとげました。



IT・ソフトウェア産業の成長と、世界へのアウトソーシング事業が拡大するインド、豊富な資源に
よって影響力を高めるロシアとブラジル、今現在BRICsを外して世界経済は語れません。



しかし、米国経済の壊滅的な崩壊によって世界経済も大きな被害を受けています。そうした中、
米国依存型の経済から脱却しようとする動きが既にBRICsから始まっています。



BRICs諸国の首脳が一同に会したBRICs首脳会議が先日初めて行われました。これは歴史的
なことと言っても過言ではありません。BRICsが今後の世界経済をリードすることが期待されて
います。そんな中で、今回はあらためてブラジルについて解説させていただきます。



BRICsの一角を担うブラジルについては、サッカーやカーニバルを思い浮かぶものの、なかなか
成長国としてのイメージがわいてこない、という人も少なくなくありません。



しかし、ブラジルは、国土の面積は世界第5位、人口も世界第5位の国で、南半球の国として
は最大規模を誇っています。色々な面で期待できるんです。



ブラジルの国土について知ることで、今後の潜在力がうかがえます。例えば農産物が、その
代表的なものとされており、ブラジル全土8億5149万ヘクタールのうち、農用地面積は実に
国土面積の役31%にあたる2億6358万ヘクタールにもなるのです。



中国やインドが経済成長を遂げたことによる代償として食料の需要が急速に増えています。
ですので、ブラジルへの依存度が今後も拡大する可能性は否定できません。また、資源も
豊富でして、鉄鉱石に関しては世界最大の埋蔵量を誇ります。



鉄鉱石以外にも錫、ボーキサイト、マンガン、ニッケルなど、様々な鉱物資源で世界有数の
生産国になってますので、世界最大級の鉄鉱石生産企業リオドセは、ニッケル生産世界
2位のカナダのインコを180億ドルで買収に成功しております。



今年に入ってから、ブラジルの経済成長のスピードはより加速した向きがあり、ブラジル株式
市場は過去最高値の更新を繰り返し、また主要通貨であるレアルは対米ドル相場で同じく
最高値を更新しております。今後もブラジルはさらなる飛躍がきたいできます。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICs ブラジル インド 中国 ロシア

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。