スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ロシアが生きたカニの輸出禁止


読売新聞の記事によりますと、農林水産省は、ロシアが本年度の5月中旬から、
今現在日本の食卓に欠かせないロシア領海内で漁獲したカニを生きたまま輸出
することを禁止したことが明らかになりました。



今回ロシア当局がロシア領海内で漁獲したカニを生きたまま輸出することを禁止
に踏み切った背景には資源保護などがあげられております。



上述したことから、今現在日本国内に流通されるタラバガニや毛ガニはロシアから
の輸入が多いことから、値上がりなどの影響が懸念されるとされております。



また、農林水産省によると、2005年にロシアから輸入したカニ類は約7万5000トンで、
日本の消費量の約6割というかなり大きな割合を占めるとされております。



そして、生きたカニを含め、生鮮冷蔵輸入品に占めるロシア産の比率は、2006年で
タラバガニがほぼ100%(1万6425トン)、毛ガニは91.7%(3632トン)にのぼります。




「以下の記事より引用」


(読売新聞)

『値上がり懸念、ロシアが生きたカニの輸出禁止』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000316-yom-bus_all


投資する前に各企業、各機関が発表する正式な開示情報をご確認下さい。
利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、いかなる場合においても
当方では一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

bricsとは?bricsが分る、brics投資入門トップへ







コメントの投稿

Secre

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。