スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







国内自動車メーカー、ブラジル市場に本格参入



これまで、ブラジルが、先駆者的に開発に力をいれておりましたバイオエタノール100%
の燃料でも走るフレキシブル・フューエル・ビークル:FFV市場に、日本の自動車メーカー
の参入が本格化してきたもようです。



バイオエタノールは大気中の二酸化炭素(CO2)量を減らし環境に優しい燃料とされて
おり、これまでブラジルが国を挙げてFFV普及に取り組んでおりましたが、これも時代
からか、世界の自動車メーカー各社とも無視できない存在となっております。



ちなみに、トヨタはブラジル国内市場に今月新車種を2台投入しており、月間販売目標
は3250台をめざしております。



一方、ホンダは昨年末に、日本メーカーとして初めてブラジル市場にFFVを投入し、
ホンダの販売台数全体の2割以上をFFVがブラジルでは(ホンダ)とされています。



こうした、国内の自動車メーカー各社がFFV投入に動き出した背景には、ブラジルでの
FFVの普及の速さがあげられております。



ブラジル国内のガソリンスタンドではガソリンとバイオエタノールを好きな比率で給油
することができ、バイオエタノールへの税率はガソリンより安いとされています。



ちなみにFFVがブラジルに投入されたのは、2003年のことなので、まだ日は浅いです。

 

バイオエタノールも燃焼時にはCO2を排出しますが、それはもともと、原料となる植物が
大気中から取り込んだものとされております。



こうしたことから、FFVは「大気中のCO2量には影響を与えないとされております。



FFVエンジンはバイオエタノールでも劣化しないために、通常には無いとされる金属加工
などを要しますが、基本的にはガソリンエンジンと同じ構造となっています。



また、ハイブリッド車やディーゼル車に比べて生産コストが安いのが大きなメリットです。



国内の自動車メーカーはブラジル市場を、BRICsといわれる中国、インド、ロシアと並ぶ
新興国市場として、今後も高い成長が見込まれております。。
  





投資する前に各企業、各機関が発表する正式な開示情報をご確認下さい。
利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、いかなる場合においても
当方では一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

bricsとは?bricsが分る、brics投資入門トップへ







コメントの投稿

Secre

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。