スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ADRでインド株に投資する方法について



残念ながら、今現在日本から、直接インド株に投資することはできません。


個別銘柄を選ぶことが出来ない状態にあります。


ですのでインド株に投資する方法は今のところ投資信託を通してのみとなっております
ので、当然のことながら、それでは物足りないと思われる方もいらっしゃると思います。



そういった方におすすめなのが投資信託ではなくADRから選ぶ方法です。


ちなみにADR:American Depositary Receiptは、DR(預託証券)の元祖です。


ADRの仕組みを説明するのは凄く難しです。


ようは、外国の企業や外国の政府あるいはアメリカの外国法人子会社などが発行する
有価証券の一単位や、複数単位、もしくは、その中の一部に対する所有権をあらわす
米ドル建て記名式譲渡可能預かり証書のことです。



そして、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NASDAQに上場しているADR発行会社に対し
ては、中間、年次などの企業情報開示が厳しく義務づけられています。



インドや中国だけで上場している企業よりも厳しい監督基準をパスしなけれ認められ
ないことから上述した市場に上場する企業は比較的安心できる企業と判断出来ます。



個別の銘柄に集中するのは、多くの銘柄が組み込まれている投資信託と違いリスクが
分散されないので思惑が外れるとダメージはとてつもなく大きいです。


しかし、その代りリターンも大きくなります。購入する際の注意点ですが、ADRは
米ドル建て資産になりますので為替リスクがございます。



そして、手数料が高いため中長期向けの商品となります。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ADR

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。