スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







新広告市場が急速に縮小に向かう理由


先進国の経済が大きく低迷する中で、ロシアを除いたブラジル、インド、中国のBRICs諸国は
好調を保ってきたわけですが、ここにきて急速に減速する動きが強まっています。



とくに中国がそうした動きが顕著のようです。昨年に大々的な財政出動を実施したことにより、
いち早くリーマンショックにより疲弊した経済を立て直すことに成功しました。



しかし、投入された資金は市中に回ることなく株や不動産に流れてしまったため、急速にバブル
を膨らませることとなりました。しかし、これにより高い成長率を維持できたのです。



ちなみにこのときもし財政出動を行わなかった場合の成長率は1%程度といわれていますので、
いかにその規模が大きかったか伺えると思います。



また、このとき中国市場で消化できなかった分は欧州市場へ流れたようですので、仮に欧州経済
がさらに崩壊することとなりますと、中国の金融機関は大きな損失を蒙る可能性が高いです。



つまり、新興国市場も今後急速に縮小に向かう可能性が高いので、ファンドへの投資は見送る
べきです。保有されている分は早い段階で売ってしまうことをオススメします。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICs 中国

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。