スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







BRICs各国が経済発展を遂げた理由


これまでBRICs諸国は飛躍的な経済成長を遂げ、先進諸国の経済
をも、しっかりと支えてきたわけですが、世界的に景気が減速局面に
あることから、今後しばらくは足踏み状態が続きそうです。



今回は、これまでBRICs諸国が発展してきた経緯を、誠に簡単では
ございますが解説させていただきます。



BRICs各国の多くが経済面で苦しんでいた理由の一つに外資に対
する厳しい規制を敷いていたことがあげられます。



自国経済を守るために行なっていたのですが、著しく他国との関係
が悪化し、孤立する状態が続くこととなりました。



一方で日本を除く先進国の多くは自国経済が大きく発展し、新しい
投資先を探している状態だったわけですが、BRICs各国は口火を
切ったように規制を緩和し外資に市場を開放しました。



以後は、BRICs各国それぞれの道を歩みながら、経済を加速的
に発展させることに成功しています。



ブラジルはインフレを緩和するために、外貨を導入し、外資への
規制を大幅に緩和することで経済が回復しました。



ロシアは社会主義を捨て、国有企業を売り払ったうえで民営化を
行い、豊富な資源を供給することで一気に経済を好転させました。



インドもロシアや中国ほどではないにせよ社会主義色が強かった
のですが、中国よりも遅れて外資への規制を緩和しました。



中国は依然として社会主義国体制を強調していますが、世界経済
のグローバル化が進もうとしている時に最高のタイミングで外資へ
の規制緩和を行い、世界の工場として君臨しました。



BRICs各国の共通事項として、外貨・外資を積極的に受け入れた
ことが共通しています。今後はこうした動きに対する弊害に対して
どのように対処するかが問われています。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。