スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







インドIT・ソフトウェア業界に翳りが



これまでインド経済の躍進に大きく付与してきましたインド
のIT・ソフトウェア業界ですが、ここにきて世界経済の影響
からか減速感が強まっているもようです。



昨年の夏にサブプライム問題が突如として顕在化したこと
によって、欧米の大手金融機関が軒並み大きな損失を被る
こととなり、依然として厳しい状況にあります。



また、通貨ルピー高が収益を圧迫しているうえ、売り上げの
半分以上を占める米国の景気後退局面入りも大きな懸念
材料としてあげられております。



こうした影響がインドIT・ソフトウェア業界に直撃することと
なり、年間を通じて40%前後減収減益となっています。



インドIT・ソフトウェア業界のベストスリーはTCSをトップに、
インフォシス、ウィプロが続いているのですが、各3社とも、
対米売り上げが50%以上あります。



インフォシス、ウィプロに関しては60%以上も対米取引に
依存しているので今後は厳しい状況に追い込まれることは
必死で、方向転換を余儀なくされそうです。



これほどまでインドIT大手が大きく成長してきた背景には
人件費の安さだけではありません。



それ以外にも、管理能力の高さや効率的な経営、そして
ハード部門がないので在庫をもたなくてよいといったこと
が大きな要因としてあげられます。



先述したとおり、今後は米国の景気減速の影響から経費
削減する動きが活発化することが予想されます。



ですので、打開策として、オフショアへの業務移転を促進
させており、今後インドIT業界にとってどれほどプラスにな
るのか注目したいところです。


【海外口座開設】 海外投資の強い見方!




bricsが分るファンド投資入門トップへ

BRICsファンド投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。