スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外資導入と規制緩和が成功のカギ


BRICs各国は、つい最近まで貿易や外資に対する規制が凄ま
じく厳しかった為に、ファンドをたちあげるどころか、投資対象に
はなりえる状況にありませんでした。



ですので、実際に先進国や、NIES(新興工業国)の発展を尻目
に経済が停滞することになったわけです。。



では、なぜ近年その経済が発展してきたかといいますと、規制
緩和から外資に対して市場を開放したことが大きいです。



経済を発展させる為には外資の力が必要だということを痛感し
たため、以後、積極的に外国企業の誘致、外資導入しました。



そして、その過程においてBRICs各国は、独自にそれぞれの
やり方で経済成長の道を歩んできたのです。



ブラジルは外国借款への依存から慢性的なハイパーインフレ
を生み出し、国家経済は破綻寸前まで追い込まれ国民生活
は常に困窮をしいたげられました。



その後、外資への規制緩和と外資導入に転じて経済が順調に
これまでのところ回復しております。



一方、ロシアは社会主義を捨て市場経済体制に移すも、国民が
なかなか市場経済になれない為、しばらく混乱がつづきました。



その後、国有企業の払い下さげや、民営化、豊富な石油を武器
に経済を立て直すことに成功いたしました。



インドは今だに社会主義国の色が強いため、外資への規制緩和
も中国より遅かったために、経済成長において中国より大きく遅
れを取る形になったわけです。



一方、その中国ですが、同じく社会主義経済を標榜するも、80年
代から徐々に民間への経済開放を進めてきました。



そして外資を積極的に導入し、豊富で安い人件費を武器に世界の
工場の地位を手にし、今日の奇跡的な経済発展を遂げたのです。



以上BRICsに共通しているのは規制緩和と市場開放で海外から
資金、人・技術・ソフトを呼び込むことに成功したことによって、大
きく経済の活性化及び発展を導いたのです。


【海外口座開設】 海外に行かずに自宅で海外投資が可能です




BRICsファンドへ投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICs ブラジル ロシア インド 中国

ブラジル市場に投資する方法と注意点

ブラジルに投資する場合ですが、今現在、個人投資家が購入
出来るのはブラジル株ファンドかADRのみとなっております。



ブラジル株ファンドは過去2~3年ブラジル株式市場が大きく
拡大したことから、年々需要を伸ばしており、ここ数年で飛躍
的に純資産残高を拡大しています。



ちなみに、ブラジルの株式指数はボベスパ指数になりますが、
他のBRICs諸国と同様に新興市場らしく多少の波はございま
すが、依然として堅調に推移しております。



ボベスパ指数は、サンパウロ証券取引所に上場している銘柄
の中でもっとも流動性の高い銘柄で構成されております。


また、そのうちのかなりの部分を製鉄会社が占めています。


ボベスパ指数の株価は、鉄鉱石や、鉄鋼価格や原油価格に
左右されやすいという特徴がございます。


ADRの銘柄は2万円程度から購入することができます。


つまり、日本企業ならば100万円以上も投資額が必要な銘柄
に、格安に投資することができます。そして今現在、楽天証券
で大企業中心にADRを購入出来ます。



ブラジル株式市場は乱高下が激しいとされているので、他の
BRICs国以上にリスクが高いので十分注意が必要です。


【海外口座開設】 海外に行かずに自宅で海外投資が可能です




BRICsファンドへ投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

BRICs諸国の多くは経済資源が豊富



BRICs諸国の市場に投資する前に、四カ国の特徴を把握する
必要があります。ブラジルや、ロシアインド中国の4カ国とも
に経済の面で以下のように共通してます。



<人口が多い>


中国の人口は約13億1300万人で世界第1位

インドの人口は約10億8100万人で世界第2位

ブラジルの人口が1億8000万人で世界第5位

ロシアの人口が1億4200万人で世界第7位



人口が多いことの利点として、産業の発展に必要な生産労働力
を容易に確保することができます。



また潜在的には、経済の成長する過程において消費購買力が
高まる事から市場拡大の可能性がございます。



当然の事ながら、ただ人口が多いだけでは経済発展にはつな
がりません。平均年齢や、年齢別構成、そして教育のレベルが
どの程度なのかが重要な影響を与えます。



<国土が広い>


ロシアが1707万平方kmで世界第1位

中国が960万平方kmで世界第3位

ブラジルが851万平方kmで世界第5位

インドが329万平方kmで世界第7位



<鉱産物資源が豊富>


ブラジル=鉄鉱石、ボーキサイト 

ロシア=石油、天然ガス、石炭、鉄鉱石、銅、ニッケル、金、ウラン

インド=鉄鉱石、宝石、石油

中国=石炭、石油、天然ガス、鉄鉱石、ウラン、亜鉛


BRICs四カ国とも鉄鉱石の主要産出国です。

ロシア中国インドの3ヶ国はエネルギー大国で、石油生産が多く
ロシアと、中国にいたっては天然ガスも豊富です。



<GDPの驚異的増加>


ブラジル=GDP59997億ドル、実質GDP成長率5.2%

ロシア=GDP5827億ドル、実質GDP成長率7.1%

インド=GDP6610億ドル、実質GDP成長率7.3%

中国=GDP1兆6494億ドル、実質GDP成長率9.5%


これらの指標はBRICs投資を行う上で非常に重要なので頭の
片隅にでも入れておかれることを強くお勧めいたします。





【海外口座開設】 海外に行かずに自宅で海外投資が可能です




BRICsファンドへ投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ブラジル ロシア 中国 インド BRICs

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。