スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







BRICsファンド純資産残高2ヶ月ぶり増加


【bricsが分るファンド投資入門】



今現在、サブプライムローン問題や、原油高による原材料の高騰
にともなってインフレ化が世界中で進んでおり、こうしたことから
金融市場が信用不安から大きく揺さぶられております。



そんな中、先進国の経済成長が鈍化しており、さらに鈍化が進む
ことが予想されている中で、こうした動きを抑えるために下支えし
ているのが、BRICs諸国などの新興国市場です。



新興国市場は何度か短期間の調整機関をはさみながら確実に
成長し続けており、各国とも好調をキープしております。




しかし、さすがに、投資家のリスク商品から金などの商品や、債券
に資金がシフトされたことにより先月のBRICsファンドの純資産残
高は大幅に下落するこになりました。



しかし、ここにきて状況がBRICs諸国の成長性が見直されたことに
より、07年12月末純資産残高は8383億2950万円となり前月比7.9
%と、2カ月ぶりに増加することとなりました。



BRICs諸国のファンド全ての残高が増加したのですが、昨年10月
に記録した過去最高残高の更新することはできませんでした。



また、ロイターの記事によりますと昨年末残高からこれまでに6割
を超えて増加しているもようです。



07年末時点のファンド数は国内籍12本、外国籍5本の計17本で、
昨年末からは国内籍が3本増えております。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



BRICsファンド投資する前に各機関が発表する正式
な開示情報をご確認下さい。サイト内の誤字、誤配信を
含め、 一切の責任を負いませんので予めご了承下い。

bricsが分るファンド投資入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。