スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







BRICsに投資する様々な方法について


依然としてデフレに歯止めがかからず、先行き不透明なままの日本経済ですが、日本株も一向に節目
とされる1万1000円台を超えて上昇しないため、外国株投資に注目が集まっています。


過去にもBRICs関連の投資は注目を集めましたが残念ながら依然として取引できるのは中国株のみ
です。ブラジル、ロシア、インドへの投資は株式ファンドに限定されています。


それ以外ではADRで取引することができます。ADRはAmerican Depositary Receiptの略称です。
日本語では米国預託証券といいます。米国市場で売買されています。


楽天証券などADRを取り扱っている証券会社であれば、ブラジル、ロシア、インドの企業のADRに投資
することで、株を実際に購入したのと同等の取引が可能となります。


上述した以外で個人的に注目しているのがCFDです。CFDはContract for Differenceの略称です。
日本語では差金決済といいます。証拠金(担保)を取り扱い会社に預けて、レバレッジをかけて国内外の
個別株や株価指数、ETF、債券などが取引することができます。


そして、今のところCFDでは欧米が中心となっていますが、将来的にはアジア市場や南米市場の個別株
や株価指数にも投資できるようになる可能性が高いと思っています。取引コストが非常に割安なので、
外国株を短期売買で取引することができます。これは大きな魅力です。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICs ADR CFD

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。