スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







国内に流通するファンドのカテゴリー


ネット証券が一般化されたことにより、BRICsファンドのような特定の地域の金融商品を購入する
ことが当たり前のようにできるようになりました。



ファンド=投資信託なわけですが、ファンドにも色々な種類があります。ですので、今回はファンド
の種類とその内容について誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。



基本的に一般の個人投資家が銀行や証券会社などの金融機関で購入できるファンドの多くは、
株式や債券に投資するのが一般的とされています。



そして、種類も実に豊富にあって、全てを把握するのは現実的に不可能です。それくらい豊富に
色々なファンドが存在しています。また分類する方法だけでも実に沢山あります。



野村証券では以下の通り、実際にファンドを分類し、定義しています。他の証券会社を利用して
購入される場合でも参考になると思います。


『セクターファンド』 

ある特定のセクター(業種)に投資するファンド


『バランスファンド』 

株式や債券をバランスよく組成して運用するファンド


『グロースファンド』 

収益性や成長性を重視して組成されたファンド


『インデックスファンド』 

日経平均株価やTOPIXなどの株価指数に連動する
ように設計されたファンド


『バリューファンド』


利回りや配当、保有資産などを他の銘柄と比較して
割安感の高い銘柄を組成したファンド


国内で流通しているBRICsファンドの多くが上述したカテゴリーに分類されます。海外で流通され
ているものは、BRICsファンドのみならず、さらに多くのカテゴリーが存在しますが、基本的に全て
を覚えようとしたら混乱しますので、上述した各カテゴリーだけで十分だと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : BRICsファンド 投資信託 債券

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。