スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







インド経済の潜在的なリスクとは?


世界的に金融不安が拡大しています。ユーロ諸国だけの問題として処理することができないほど
問題は大きくなっています。すでに新興国から資金を引き上げる動きが活発化しています。


先進国が景気後退局面にあるためBRICs諸国ももこれまでのような経済成長はしばらく望めません。


昨年まで絶好調だったブラジルも厳しい状況に追い込まれています。


このため、BRICs諸国の株式市場もしばらくは調整をよぎなくされます。では、じつ回復する
のかという話なんですが、こればかりは誰も予測することはできません。


ただ一ついえることは、来年は今年以上に厳しい状況になるだろうということです。


インドは慢性的な外貨不足によりインフレが加速していますが、これまではルピー安が進むと
輸出が有利に展開できたのですが、今は世界的に需要不足が蔓延しています。


これまで輸出に対する依存度を拡大しすぎたことが仇となっています。


これはインドだけでなく他のBRICs諸国にもいえることです。


これまでインドは中国と比較されることが多かったわけですが、インドは地理的に遠いうえに
インフラ整備が未発達であるため、この点が外資の呼び込みに関する足かせとなっていました。


経済は物を動かすことといってもいいほど流通が非常に重要なんです。


しかし、これまでインド経済が急速に拡大したことで中間層が拡大しました。


これに目をつけて、インドという巨大マーケットに注目が高まったわけです。


何といっても車を買える層が急増しているわけですから無理もありません。


しかし、注意しなければならないのは、インドはインフラ設備が以前として整備されていない
ため、物を効率よく動かすことが依然としてできません。


依然として鉄道に頼っています。しかも老朽化が進んでいるため、大きな事故が日常茶飯事です。


また、外貨不足からインフレリスクが非常に高いので、外資が引き上げる動きが活発化すると、
とたんに苦しくなります。こういったリスクを警戒する必要がありそうです。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 痩身効果の高いエステとは?体にやさしい痩身効果の秘密!
-------------------------------------------------------------------------------------







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : インド経済

もっと詳しく調べる


 検索例  
BRICs ファンド ADRなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

BRICs ブラジル ロシア 中国 インド BRICsファンド 投資 資産運用 海外投資 ADR 新興国 基準価格 証券会社 人民元 ファンド 投資信託 プライベートエクイティ エマージング 中国経済 中国株式市場 上海総合株価指数 株価 国債 株式相場 貿易 時価総額 南アフリカ 三亜宣言 CFD 軍事費 ルーブル 為替変動 インド経済 メリット 海外口座  通貨危機 BRICs BRICsファンド VISTA レアル 債券 ロシア株ファンド ロシア・東欧株ファンド HSBC 

タグ

  • seo

  • seo
看護師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。